この記事は約 3 分で読めます。

 
一般の家庭でお弁当に入れるために作る

簡単な玉子焼き。

 

その味付けに「だし」を使って、

一巻き一巻きが薄く、

繊細に幾重にも重なった上品な玉子焼きが

「だし巻き玉子」です。

つまり、私たちが和食のお店や

お寿司屋さんなどでよく見かける玉子焼きです。

 

そんな「だし巻き玉子」を家庭で作ってみたい

と思ったことはありませんか。

 

そのようなご要望もあるかと思いますので、

今回は、「だし巻き玉子」を作る

レシピ、材料、コツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク


「だし巻き玉子」の材料、調理器具は?

「だし巻き玉子」を作る前に、

まず「調理器具」を準備します。

・ボウル

・玉子焼きフライパン

(玉子焼き器ともいいます)

・菜箸又は泡だて器

・お玉

・キッチンペーパー

・フライ返し

 

次に、「材料」を用意します。

4人前の材料は次のとおりです。

・卵 4個

・だし 顆粒だし小さじ1/2(白だし大さじ1)

・水 大さじ6(白だしを使った場合大さじ4)

・みりん 小さじ2

・うす口しょうゆ 小さじ2

(白だしを使った場合は不要)

・サラダ油 適量

スポンサーリンク


「だし巻き玉子」のレシピは?

まずはコツではなく、

「だし巻き玉子」の基本的なレシピ

を紹介します。

 

1:ボウルに卵を割り、

黄身と白身がしっかり

混ざるように菜箸でよく混ぜます。

 

うまく混ぜられないときは、

泡だて器を使って混ぜますが、

あまり混ぜすぎないように注意します。

2:1に残りの材料のうち、

サラダ油以外を混ぜ合わせたものを加え、

さらによく混ぜます。

 

3:玉子焼きフライパンを温め、

キッチンペーパーでサラダ油を

フライパン全体になじませます。

 

4:2をお玉ですくい、

フライパンに薄く広げます。

 

半熟になったタイミングで

フライパンの奥から手前に菜箸で巻いていき、

巻き終わった卵を奥に移動させます。

 

うまく巻けない場合は

フライ返しを使って巻きます。

 

5:フライパンの空いた部分に、

キッチンペーパーでサラダ油をなじませ、

再度2を薄く広がるように

お玉ですくって入れます。

 

その際、4で巻いた

卵の下まで行きわたるようにします。

 

6:卵が半熟になったタイミングで、

これを4で巻いた卵に巻き付けるように

手前に巻いていき、

巻き終わった卵を奥に移動させます。

 

7:以下、2がなくなるまで5~6を繰り返し、

完成です。

「だし巻き玉子」の4つのコツとは?

「だし巻き玉子」を作る際に

失敗してしまう例としては、

①焦げてしまうこと

②一巻きが分厚くなってしまうこと

③全体的に硬くなってしまうこと

 

実はこれを避ける作りかたをすれば、

お店レベルの

「だし巻き玉子」になるコツ

なんです。

 

そのコツとして、

次のようなことに注意すれは良いでしょう。

1:火力を強くしすぎないこと。

 

特に火からの距離で温度を調節できますが、

IHの場合は距離を保つことができないので、

強めの中火程度に設定する方が良いでしょう。

 

2:材料を入れる前に、

その都度フライパンにサラダ油をなじませること。

 

3:材料を入れ過ぎないこと。

材料を一気に入れないで

広がり具合を見ながら適量を入ましょう。

 

4:巻く際には空気を抜くこと。

空気を抜かないと焼きムラができ、

形も悪くなります。

 

「だし巻き玉子」を作るのは

とても簡単に見えます。

 

しかし、

実際に完成したものを見ると、

作り手がどの作業で手を抜いたのかが、

その見た目からはっきり分かってしまいます。

 

つまり、これが上手にできるということは、

その人がいかに丁寧かという評価にも繋がります。

 

そのようなことも、少し頭の片隅に置きつつ、

だし巻き玉子作りに

挑戦してみてはどうでしょうか。