この記事は約 2 分で読めます。

 
カレーは性別、年代を問わず

多くの人に親しまれています。

 

種類や味も多様で、辛い方が好きだったり、

コクのあるカレーが好みだったりと

好みの分かれるところです。

 

そんなカレーの味を支えているのが

スパイスです。

 

料理好きなら一度はカレールーを使わずに、

スパイスでカレーを作ってみたい

と思ったことがあるでしょう。

 

そこで今回はカレーの基本となる

スパイス4種について紹介したいと思います。

スポンサーリンク


カレーのスパイスの役割って何?

スパイスの役目は大きく分けて4つあります。

①香りをつける

②においをとる(脱臭)

③色を付ける

④辛みを付ける

 

これさえ押さえておけば、

スパイスの基本は終わりです。

 

味の調整をするときにはこの役割を踏まえて、

自分の目的に合ったスパイスを足せば良い

ということになります。

 

スパイスと一言でいっても、

種から作られるシード系のスパイス

葉から作られるハーブ系のスパイス

コショウやトウガラシなどのスパイス

これらをブレンドしたものがあります。

 

ハーブ系のものは香り付けに

よく使うなどの特徴があります。

スポンサーリンク


カレーのスパイスの基本4種を紹介!

スパイスは大変種類が豊富で

600種類以上あります。

 

スパイスでカレーを作ってみたいけれど、

その種類の多さをみて諦めてしまった

という方もいるでしょう。

 

ですが、スパイスは

多く使えばよいというわけではありません。

 

初めは基本の4種類

十分に美味しいカレーが作れるんです。

 

そのスパイスとは

クミン、ターメリック

コリアンダー、レッドペッパー

の4種です。

 

では、それぞれ見ていきましょう。

 

①クミン

クミンはカレーの良い香りの中心的存在です。

 

セリ科の一年草で、

スパイスに使うのは種子の部分です。

 

カレーのほかにも多くの料理で使われていて、

エスニック料理の基本となるスパイスです。

 

②ターメリック

ターメリックはショウガの仲間です。

 

ウコンと言った方が馴染み深いでしょうか。

 

ターメリックの味自体はほろ苦い感じですが、

カレー独特の黄色に着色するのに使われます。

 

サフランというスパイスでも

同じように着色効果がありますが、

ターメリックの安価なのでよく使われます。

 

③コリアンダー

コリアンダーはスパイとしては

その種子の部分を用います。

 

癖のある香り、辛みもありますので、

香り、辛み付けに使われます。

 

パクチーと全く同種の植物ですが、

日本では香辛料をコリアンダー

食材として使うものをパクチー

と呼ぶ習慣があります。

 

④レッドペッパー

いわゆるトウガラシです。

 

レッドペッパーは乾燥させた赤唐辛子と

焙煎した赤唐辛子をブレンドして

作られますので、

辛みと香ばしい香りが特徴です。

 

ちなみにチリペッパーは

乾燥した赤唐辛子のみを使用します。

 

他にもナツメグ、シナモンなども

有名でよく使われますが、

最初はこの4種でカレーを作ってみましょう。

 

市販のカレールーで作るより楽しく、

思っている以上に美味しいカレーになるので

まずは一度やってみましょう。

 

カレーのスパイスを買うなら、

このお店だと1種類300円、400円程度

で購入できます。

お勧めなので一度チェックしてみて下さい。
 
アメ横大津屋スパイス・豆の専門店