この記事は約 2 分で読めます。

 
冬は野菜の値段が高いですね。

 

「野菜をお腹いっぱい食べたい」

と思ったときは、

生野菜が良いでしょう。

 

かさ張るので

見た目の満足感が得られます。

 

今回は季節の定番野菜、

大根の和風サラダを紹介します。

 

大根サラダと言えば、

味付けに困りませんか?

 

そんな大根サラダの

美味しい味付けレシピ、

見ていきましょう!

スポンサーリンク


大根を使う前に知っておきたい栄養効果は?

大根は胃腸の消化機能を助ける酵素や

ビタミンCが豊富に含まれています。

 

これらは熱に弱い性質をもっている為、

生で摂取するのがおすすめです。

 

さらに、

余分な水分を排出するカリウムや

便秘改善につながる食物繊維など、

美容に嬉しい成分も含まれており、

女性にも喜ばれるレシピですね。
 

スポンサーリンク


大根サラダの材料は?

材料は2人前ですが、

目分量で大丈夫です。

 

好みで加減してください。

・大根:約4分の1本

・ごま油:約小さじ1

・かつおぶしパック:1パック

(3~5g程度)

・梅干し:小梅1個

(大梅なら2分の1個)

・白だし醤油:小さじ1


 

大根サラダの味付けレシピは?

まず、大根を千切りにします。

 

スライサーがあると便利です。

 

繊維に対して直角に切らず、

繊維と同じ方向に切った方が食感が良いです。

水にさらした後、

ざるにあげて水をきっておきます。

 

ボウルに水を張った上に

スライサーを置いて

千切りを作ると手間が省けます。

では、ここからが味付けです。

 

梅干しは種をとって白だし醤油を加え、

梅干しの皮が

細かくなるまでよく混ぜます。

 

箸で根気よく丁寧につぶしましょう。

 

梅干しの代わりに

梅肉チューブを使うと楽です。

これにかつおぶしを加えて、

よくまぜます。

 

かつお・梅・醤油

の組み合わせは最強!

白飯に乗せたらおかわりが止まりません。

最初に作った大根に

ごま油を回しかけ、和えます。

 

練りごまでも良いのですが、

ごま油の方が手に入れやすく、

扱いやすく、見た目も良いので

今回はごま油を使用します。

 

ごま油のびんをボウルの上で

「ちょろん!」

と素早く1周させると

ちょうど良い分量になります。

最後に大根にかつお梅を加えて完成です。

かつお梅を上に乗せたのが左側

かつお梅を混ぜ込んで

刻み海苔を加えたのが右側です。

 

刻み海苔は時間が経つと

湿って見栄えも食感もダウンするので、

食べる直前に乗せましょう。

 

小鉢に上品に盛り付けて

小料理屋風にもできますし、

大皿に盛って分量を増やし

居酒屋メニューにもなります。

 

アレンジを加えてお好みで

作っていただきたい一品です。

 

大根は切ってから時間が経つと

茶色になったり

ひからびてしまいます。

 

野菜の栄養価も時間とともに

失われていきますので、

手早く作って美味しくいただきましょう!