この記事は約 2 分で読めます。

 
発酵食品は地域の人達に親しまれいても、

他の地域の人達からは

驚かれる事が多くあります。

 

「キビヤック」はそのような

発酵食品として有名です。

 

どのような点が驚かれているのでしょうか?

 

今回は

「キビヤック」の製法や食べ方

について、まとめてみました。

スポンサーリンク


「キビヤック」って何?

「キビヤック」は

ウミスズメ類の海鳥を使った発酵食品です。

主にアパリアスという海鳥が使われ、

グリーンランドやカナダなどで、

極寒に暮らすエスキモー系の

民族に伝わっています。

 

成人や結婚などの祝いの場や

お客をもてなす場などで出され、

保存食としてだけでなく、

ビタミンが豊富に含まれているため、

貴重なビタミン源としても重宝されています。

 

その製法や食べ方・臭いのせいで、

食べるのに勇気が必要となりますが、

一度食べると病み付きになる人もいます。

スポンサーリンク


「キビヤック」の製法とは?

アパリアスを発酵させるための袋として、

アザラシを準備します。

捕まえておいたアザラシのお腹から、

皮と皮下脂肪を残して、

内臓や肉を全て取り除きます。

 

皮下脂肪も取り除いてしまう事もあるようです。

 

そのお腹に、

日陰で1日冷やしておいたアパリアスを、

そのままの姿で満杯になるまで詰め込んで、

お腹を縫い合わせます。

鳩より小さい鳥なので、

アザラシの大きさによっては

数十羽から数百羽も詰め込めます。

 

次に、

虫がつかないように

アザラシの脂を塗った後、

地面に埋めて、重石を置いておきます。

 

このまま

2か月以上(時には数年間)放置する事で、

適した温度で安定させて、

発酵を進ませれば完成します。

「キビヤック」の食べ方は?

アザラシから取り出したアパリアスは

羽がついたままの姿をしているので、

全て取り除きます。

 

発酵が進んで溶けたようになっている

内臓は肛門からすすって食べ、

肉にはかぶりつき、

脳味噌も頭蓋骨を噛み砕いて食べます。

 

内臓は、他の肉料理などに

つけて食べる事もあります。

 

内臓や肉はもちろん、

脳味噌や血液まで一切無駄にせず

食べる事ができます。

 

この食べ方やきつい臭いが、

敬遠される一因になっています。

 

「キビヤック」は製法も食べ方も臭いも、

全てに驚かされ、

手を出し難い発酵食品です。
しかし、

怖いもの見たさなのか、

興味が湧いてくる人もいるのではないでしょうか?

 

それも、

発酵食品の魅力の1つなのだと思います。