この記事は約 3 分で読めます。

 
皆さんは「にゅう麺」を知っていますか?

 

にゅう麺とそうめんの違いが

よく分からないという方も多いようです。

 

そんなにゅう麺は

1年中楽しめる料理でもあるんです!

 

そこで今回は、

にゅう麺の意味からそうめんとの違い、

にゅう麺の気になるその作り方まで

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


にゅう麺って何?そうめんとの違いは?

にゅう麺とは

そうめんをだし汁や醤油などで

煮だした麺料理のことです。

 

そうめんは麺類になりますが、

にゅう麺は「そうめんを使った麵料理」

なんです。

 

ちなみに漢字では

「煮麺」「入麺」「乳麺」

などと書きます。

にゅう麺の歴史は古く、

何と江戸時代の書物にも登場しています。

 

にゅう麺に使われるそうめんが

奈良時代に唐(中国)から伝わり、

奈良県で初めて作られました。

 

にゅう麺も奈良県の発祥で

郷土料理にもなっています。

 

奈良県の他にも佐賀県などでも

多く食べられているようです。

 

そうめんと聞くと、

兵庫県が有名だと思いましたが、

発祥は奈良県だったんです。

 

そのようなにゅう麺ですが、

夏にも冷やして季節の野菜などを

添えていただけます。

 

奈良県にはそうめん発祥の

「三輪そうめん」を扱ったお店で

にゅう麺をいただくこともでき、

そこではイタリアンのような

トマトの煮汁のにゅう麺もあります。

 

にゅう麺は作り方次第で

アレンジが豊富な料理なんです。

スポンサーリンク


にゅう麺の作り方は?

旬の野菜などを添えていただきます。

今回はしいたけ・鶏のささ身を使います。

 

□材料(2人分)

そうめん 約200g

鶏のささ身 2本

干ししいたけ 2枚

三つ葉 約30g

酒 少々

塩 少々

水・干ししいたけの戻し汁 600㏄

本かつおだし 1本

酒(だし用)大さじ2杯

醤油 大さじ1杯

みりん 大さじ1.5杯

塩(だし用) 少々

 

□作り方

1:干ししいたけを水で戻し、

せん切りにする。

戻し汁は水を足して600㏄にする。

 

2:鶏のささ身は筋を取って

そぎ切りにする。

そぎ切りにした鶏のささ身に

酒と塩で下味をつけておく。

 

3:水と干ししいたけの戻し汁を

合わせたものを鍋に入れて沸騰させる。

そこに乾麺のままそうめんと

しいたけ、ささ身、調味料を加え煮立たせる。

 

4:麺や具を器に入れ盛り付け、

三つ葉を乗せて出来上がり!

 

少しとろみが出ますが、

気になる場合はいったん

そうめんを沸騰したお湯でゆでてから

だし汁などとゆでるといいですよ!

にゅう麺を洋風に!?その作り方とは?

和風な味の多いにゅう麺を

洋風にアレンジします!

しかも簡単です。

□材料(2人分)

レタス 適量

そうめん 約100g

コンソメの素 2個

水 600㏄

 

□作り方

1:水とコンソメの素を

鍋に入れて沸騰させる。

 

2:レタスをよく水で洗い、

食べやすい大きさに切っておく。

 

3:先ほどの鍋に切ったレタスと

そうめん(乾麺のまま)

を入れて中火で煮る。

 

4:塩と胡椒で味をつけて出来上がり。

 

にゅう麺はそうめんを使った

麵料理いかがでしたか?

 

にゅう麺はそうめんを使った麺料理のことで、

洋風など様々なアレンジが

きくことが分かりましたね。

 

にゅう麺は温かいものだけではなく

冷やしもでき一年中楽しめるので、

これからの季節にもぴったりだと思いますよ。

 

にゅう麺のそうめんは

麺が細く伸びやすいので、

少し固ゆでするのがおいしく

出来上がるポイントです。

 

もし興味がわいたら

季節の野菜などを使って、

この作り方を参考に作ってみてくださいね。