この記事は約 2 分で読めます。

 
鶏むね肉は鶏肉の中でも価格が安い部位です。

 

沢山の量のお肉料理を

作る際にはよく使うのですが、

もも肉に比べてお肉の食感がパサつくため

人によっては好みが分かれる食材です。

 

今回はそんな鶏むね肉が食べられる

下ごしらえの方法とレシピのご紹介です!

 

長ネギを使った塩ダレで、

さっぱり牛タン風にアレンジしました。

 

さらにお酢やレモン汁を加えています、

是非作ってみてください。

スポンサーリンク


鶏肉の牛タン風レシピの材料は?

鶏むね肉:1枚

長ネギ:2分の1本

水:30㏄

砂糖:一つまみ

塩:小さじ2分の1杯

ごま油:大さじ1杯~2杯

(長ネギの量によって変えてください)
 

スポンサーリンク


鶏肉の牛タン風レシピを写真付きで紹介!

まず、鶏むね肉をフォークで

まんべんなく刺して穴をあけます。

ポリ袋にフォークで穴を刺した鶏むね肉、

水30㏄、塩3グラム、砂糖3グラム

を入れて1分ほど揉みます。

 

この方法で下準備をしておくと、

パサつく鶏むね肉に水分が入って

柔らかく食べやすくなります。

揉みこんだ鶏むね肉を包丁の背で叩き、

鶏むね肉の繊維を切るようにします。

鶏むね肉を一口大の

食べやすい大きさのそぎ切りにします。

 

こうすることによって、

火の通りが均一になります。

次にねぎ塩だれを作ります。

 

長ネギを縦に4本~5本切り込みを入れて

みじん切りにします。

 

細かいみじん切りが好きな方は、

切り込みの本数を多くしてください。

 

逆に荒いみじん切りの方が好きな方は

切り込みの本数を少なくしてください。

長ネギを1本みじん切りにしたら、

塩、ごま油を混ぜて長ネギに

塩味をなじませておきます。

 

長ネギの量が少ないときは、

ごま油を少な目にしてください。

フライパンにごま油を入れて、

そぎ切りにした鶏むね肉を焼きます。

 

この時、焼きすぎると

固くなるので注意してください。

鶏むね肉を焼いたらお皿に盛りつけます。

先ほど作ったねぎ塩だれを、

盛り付けたお肉にかけて完成です!

 

黒コショウをかけるとピリッとして

お酒のおつまみにもおすすめです。

 

作り置きで2~3日持ちます。

 

さらにお日持ちをさせたいときは、

レモン汁を少量まんべんなくかけておくと

抗菌作用で傷みづらくなります。

 

レモン汁がないときにはお酢を使うといいですよ。

 

その際、

入れすぎると酸っぱくなって

ねぎ塩だれ感がなくなってしまうので、

ねぎ塩ダレの方にお酢やレモン汁を

少しずつ足してみて味をみてください。