この記事は約 2 分で読めます。

 
コリコリとした食感が魅力の豚軟骨は

コラーゲンたっぷりで栄養満点、

煮込めば煮込むほど味がしみて

寒い季節にはまたとないごちそうです。

 

時間はかかりますが、

タイマーをかけておけば

2~3時間おきに火にかけるだけと、

手間はほとんどかからず作れます。

 

下茹でまでは圧力鍋を使えば

もっと時間が短縮できますが、

味を含ませるときは

温めたり冷ましたりを繰返しながら

じっくり煮込んだ方が美味しくできます。

 

そんなしっかりと味をしみこませた

本格的な煮込み時間を考えた

レシピを紹介したいと思います。

スポンサーリンク


豚軟骨の旨煮の材料は?(4人分)

◇主材料
豚軟骨:500g
生姜:1片
ねぎの青い部分:1本分
大根:1/2本分
半熟卵:4個

◇調味料
酒:大さじ2
砂糖:大さじ2
蜂蜜:大さじ1
みりん:大さじ2
醤油:大さじ3

スポンサーリンク


豚軟骨の旨煮のレシピは?(1日目)

豚軟骨はかぶるくらいの水と共に鍋に入れ、

生姜の薄切り、ねぎの青い部分、

酒を加えて強火にかけます。

 

沸騰したら火を弱め、

灰汁を丁寧に取り除きます。

 

一度茹でこぼし、ひたひたの水でもう一度茹でます。

 

煮立たら火を弱め、蓋をして2時間ほど煮たら

火を止めてそのまま冷まし、

また火にかけて2時間ほど煮ます。

 

そのまま一晩おいて完全に冷ましますが、

気温が高い季節は冷蔵庫に入れておきます。

 

灰汁を除いた後圧力鍋で煮込めば

時間が短縮できます。

豚軟骨の旨煮のレシピは?(2日目)

一晩おいて表面に白く固まった脂を

きれいに取り除きます。

 

再び火にかけてコトコト

2~3時間煮てから冷まし、

これを2~3回繰り返します。

大根を2cmくらいの厚さの輪切りにし、

皮を剥いて米のとぎ汁で

串がすっと通るまで下茹でします。

軟骨水の量が半分ほどになったら、

下茹でした大根を加え、

砂糖、蜂蜜を入れてごく弱火で

10分ほど煮た後醤油を加え、2時間ほど煮ます。

 

水が少なくなってきたら酒を足し、

大根に味がしみるまで

さらに2時間ほど弱火で煮ます。

みりんと醤油で味を調え

煮汁が1/3くらいになるまで煮詰めます。

半熟卵の殻を剥いて加え、

火を止めて人肌に冷まします。

(固ゆで卵が好みなら

煮汁を煮詰める段階で加えます)

一緒に煮込む野菜は大根以外にも

里芋やじゃが芋、れんこんでも美味しいです。

 

鍋に残った煮汁は翌日

薄切り肉と葉野菜を煮込んだり、

豆腐と春雨を煮込んだりとアレンジも豊富で、

短時間で旨味たっぷりの煮物が作れます。

 

うどんを入れたり、ご飯と卵で

こってりおじやにしたりしてもいいですよ。

 

脂っぽくならないためには

一晩寝かせて余分な脂をしっかりと

固めてからきれいに取り除くのがコツです。