この記事は約 2 分で読めます。

 
パスタの誕生は、

古代ローマ時代と言われています。

 

日本でパスタが一般的になったのは

昭和30年代以降なので、

つい最近ということになります。

 

今では、日本の食卓には欠かせない

家庭料理の一つです。

 

今回の料理はわざわざ一人分の

スパゲティーを茹でて作るのは面倒

という時や時間がない忙しいときには

とっても便利です。

 

電子レンジを使うので、

スパゲティーを茹でるお鍋も

使わずに調理出来ますから、

洗い物の手間を減らすことも出来ます。

 

お好きな野菜でも

アレンジして作ることが出来ますし、

野菜の栄養をスープでしっかり逃さずに

食べきることが出来るレシピです。

スポンサーリンク


茹でない簡単スープパスタの材料は?

◇材料

スパゲティー:1人前より少ない90g

冷凍ほうれん草:一掴み

ウィンナー:2本

しめじ:少量

 

◇調味料

オリーブオイル:小さじ1

顆粒コンソメ:小さじ2

塩コショウ:少々

水:300㏄
 

スポンサーリンク


茹でない簡単スープパスタのレシピを紹介!

まず、ウィンナーは斜め薄切りにします。

しめじは、石づきをとって、

適当な大きさに割いておきます。

 

今回は時間短縮の為にあらかじめ

冷凍しておいたものを使用しています。

 

きのこは冷凍すると

うま味が増すのでおすすめです。

耐熱皿を用意します。

 

そこに半分に折ったスパゲティーを入れます。

 

オリーブオイルを上から振りかけて

少し箸で混ぜておきます。

(こうすることによって

スパゲティー同士が

くっつくのを油が防いでくれます)

冷凍ほうれん草を一掴み

パスタの上に乗せます。

 

冷凍ほうれん草を使うと

調理時間の短縮が出来るので

忙しいときにはおすすめです。

薄切りにしたウィンナー、

割いたしめじを均等に並べます。

その上から顆粒コンソメを入れて水を入れて、

さらに少し箸で混ぜてください。

お皿にラップをして電子レンジで

5分加熱して一旦取り出して、

スパゲティー同士が重ならないように

再度箸で混ぜてください。

(その際耐熱皿が

熱くなっていることがありますので、

火傷には十分注意してください)

 

再度、ラップをして電子レンジで5分

(お使いの電子レンジ調理機によって

加熱時間が違う場合もありますので

加熱が足りないようでしたら、

1分ずつ加熱してください。)

 

レンジ調理が終わったら、

味を見て足りないようでしたら

塩コショウで味を調えてください。

 

冷蔵庫にあるお好きな野菜で

アレンジしてスープパスタを

作ることも出来ます。

 

ニンジンなどの根菜を使われる際には

薄切りにして電子レンジでも

火が通りやすいように工夫してみてください。

 

簡単に作れるので自分の

好みの味にアレンジしていきましょう!