この記事は約 2 分で読めます。

 
寒い時期に食べる鍋料理は

美味しいと思います。

 

その鍋は肉や魚が摂取でき、

野菜が多く食べられるので

栄養バランスもいいと思います。

 

また、

鍋は身体だけでなく

心も温める効果もあると思います。

 

しかし鍋には色んな種類があり、

どれにするか悩みますよね?

 

ここでは鍋料理の代表である

水炊き、寄せ鍋、キムチ鍋、豆乳鍋

の健康効果をまとめました。
 

スポンサーリンク


水炊き、寄せ鍋の健康効果は?

◇水炊き

水や味付けをしていないだし汁などで

鶏肉、野菜などを煮込む鍋料理です。

 

基本的にはお肉は鶏肉を使い、

ポン酢醤油をつけて食べます。

 

骨付きや皮付きの鶏肉には

コラーゲンが多く含まれ、

美容にもいいといわれます。

 

また、

あっさりとした味で多くの野菜を

食べることができる鍋です。

 

◇寄せ鍋

具材に決まりはなく、

肉や魚介類、野菜、きのこなど

様々な材料を入れて煮込む鍋料理です。

 

味付けは塩、醤油、酒、味噌

などが一般的です。

 

寄せ鍋は様々な具材が入ることで

栄養バランスが高くなり、

冷蔵庫で余った野菜などを入れると

食材を無駄なく消費できると思います。

 

水炊き、寄せ鍋は野菜のとりやすい

健康的な鍋の代表です。
 

スポンサーリンク


キムチ鍋、豆乳鍋の健康効果は?

◇キムチ鍋

唐辛子を使ったピリッと辛いキムチ鍋は

身体を温めて新陳代謝を高めてくれます。

 

また、

キムチ鍋には基本的に

豚肉、ネギ、ニンニクが

入っていると思います。

 

豚肉に多く含まれるビタミンB1と

ネギやニンニクに多く含まれる

アリシンが結合すると、

アリチアミンになります。

 

このアリチナミンは

疲労回復や疲れにくい身体づくりに

役立つ成分になります。

 

◇豆乳鍋

豆乳には

ビタミンB1、ビタミンB2、

ビタミンB6、ビタミンEなどの

肌にいいビタミン類が含まれています。

 

また、

豆乳にはイソフラボンが

含まれています。

 

イソフラボンは

女性ホルモンのエストロゲンと

似たような働きをすると言われています。

 

これには

更年期障害の緩和、骨粗鬆症の予防、

循環器系疾患の予防、美肌などに

効果があります。

 

キムチ鍋は疲労に特化した鍋

豆乳鍋は美容に特化した鍋

と言えるでしょう。
 

鍋料理って毎日でも健康に良い?

 

鍋料理は色々な食材をバランス良く

摂取するのに向いています。

 

ですが、

脂質の多いものや砂糖を多く使った

鍋料理(すき焼き等)は

太りやすいと思いますので、

注意したほうがいいと思います。

 

また、

適度な塩分摂取は良いと思いますが、

鍋料理を連日食べることでの

塩分の過剰摂取には注意して下さい。

 

鍋料理は肉や野菜を

一緒に摂取することができる

バランスが取れた食事です。

 

しかし、

美味しい鍋料理だからこそ

食べ過ぎに気をつけるなど

自身の身体に合った適食を

心がけるのが大事だと思います。