この記事は約 2 分で読めます。

 
本場イタリアの味も捨てがたいですが、

家にある材料でパッと作れる

日本生まれのお手軽ミートソースも良いです。

 

15分もあれば作れますので

休日のランチにもぴったりです。

 

ミートソーススパゲッティは

ミートソースがカレーのように

のっていることが多いのですが、

イタリアではパスタとソースは

和えてあるのが普通です。

 

パスタを茹でるとき表示より

短い時間で引き上げるのは、

ソースと絡めている間に

丁度いい茹で加減にするからです。

 

ここだけはこだわって真似てみると

ぐっと本格的になりますよ。

 

では、

今回はそんな

イタリア風ミートソーススパゲッティ

の作り方を写真付きのレシピ

で紹介していきます!

スポンサーリンク


イタリアでミートソーススパゲッティに近い料理は?

ミートソーススパゲッティはナ

ポリタンと同様、日本独特のメニューです。

 

近いのはイタリアのボローニャ地方の

郷土料理ラグー・アッラ・ボロネーゼ。

 

みじん切りのにんにく、

セロリや玉ねぎと

パンチェッタ(塩漬けの豚バラ肉)

をオリーブオイルで炒め、

粗く叩いた牛肉をじっくりと焼き付けて

トマトソースでトロリと煮込み、

茹でたパスタに絡めます。

 

パスタもスパゲッティではなく

重厚な肉のソースがよく絡む

タリアテッレという

幅広の手打ち麵を使います。

 

では、本題のレシピを見てみましょう。
 

スポンサーリンク


イタリア風ミートソーススパゲッティの材料は?

◇主材料

スパゲッティ1.7mm:200g

挽き肉:150g

にんにく:1/2片

玉ねぎ:1/4個

赤パプリカ:1/4個

黄パプリカ:1/4個

トマト:1/2個

 

◇調味料

オリーブオイル:小さじ2

ウスターソース:大さじ1

とんかつソース:大さじ1

トマトケチャップ:大さじ4

醤油:小さじ2

塩、胡椒:適量
 

イタリア風ミートソーススパゲッティのレシピは?

まず、鍋にたっぷりの湯を沸かし、

1%の塩(分量外)を加えて

パスタを茹でます。

 

フライパンにオリーブオイルを敷き、

みじん切りにしたにんにく、

玉ねぎ、赤パプリカ、黄パプリカ、

挽き肉を加え火にかけます。

 

挽き肉をいじらず

焼き付けるように火を通し、

最後に崩すようにして全体に混ぜます。

挽き肉の色が変わったら

刻んだトマトを加えます。

 

トマトがなければ

トマトの水煮缶200gでもかまいません。

ウスターソース、とんかつソース

トマトケチャップを加えて煮詰めます。

醤油を加えて混ぜ、塩、胡椒で味を調えます。

パスタの袋に表示されている

茹で時間より1分早くパスタをざるにあげ、

大さじ1ほどの茹で汁が

残るように軽く茹で汁を切ります。

(先に茹で汁を取り分けておき、

しっかり水気を切ってもいいです)

 

ミートソースのフライパンに

パスタと茹で汁を戻して和えます。

 

和えている間にパスタが

丁度いい湯で加減になるようにします。

これで完成です。

 

イタリア風ということで、

普段私達が食べている

昔ながらのミートソースとは違いますね。

 

一度作ってみて下さい、

好みのミートソースが見つかると良いですね。