この記事は約 3 分で読めます。

クレープの店を見たら

つい買ってしまいますよね?

 

でも1つ700円!

とても高いです。。。

 

そんなクレープ、

実は自分で作るとても安く

驚くほど簡単に作れます、

 

まずはそんなクレープに欠かせない

クレープの皮のレシピを紹介したいと思います。

スポンサーリンク


100円10分クレープの皮の材料は?(2人分)

普段料理をしている人なら、

すでに作れるような材料6個で作れます。

①小麦粉 :1/2カップ

②水or牛乳 :1/2カップ

③卵:1/2個

④サラダ油orバター :大さじ1/2

⑤砂糖:大さじ1/2

⑥塩:小さじ1/4
 

100円10分クレープの皮の作り方レシピは?

クレープの皮の作り方は簡単4STEP!

STEP1:生地の元を作る

ボールに材料全部入れて混ぜて下さい。

 

持っていれば泡だて器が良いですが、

無ければお箸でも良いです。

 

ダマを残さないように注意しましょう。

 

STEP2:フライパンの準備

キッチンペーパーにサラダ油を付けて、

フライパンに塗って下さい。

 

STEP3:生地をフライパンへ

STEP1の生地の元をフライパンに入れて下さい。

 

この時、

注意しないと生地が焦げてしまったら

クレープは失敗するので注意しましょう。

 

フライパンを「火から外した状態」で、

生地を入れます。

 

その後フライパンを回しながら、

まるの形になるイメージで作りましょう。

 

STEP4:生地の焼きいれ

クレープの皮は中火で1分焼きます。

 

そうすると底が固まるので、

はしを手でひっくり返します。

 

焼きが弱いと破れ、

焼きが強いと焦げるのでここもポイントです。

 

ちなみにひっくり返す時、

指はとても熱いです。

 

水に濡らして持つとそこまで熱くないので、

火傷しないよう覚えておきましょう。

 

この材料の分量だと3枚も作れます。

※直径28センチフライパン使用時
 

スポンサーリンク


クレープの本場!フランスのクレープの皮に挑戦!

ここまで紹介したのは

「安く」「早く」作れるクレープの皮です。

 

慣れたら美味しさを追及した

クレープの本場であるフランスレシピの

クレープにもチャレンジしてみましょう。

 

こちらも費用は100円程度と変わりませんが、

調理時間が最低1時間と少し大変です。

 

しかし、

このフランスのレシピの美味しさは

お店に負けないレベルになるので

余裕のある方はチャレンジして下さい。
 

本場フランスのクレープの皮の材料は?(2人分)

先に紹介した量と同程度の量作る時の分量です。

 

強力粉の分量で厚みを変えれるので、

好みに応じて変えて下さい。

①強力粉:1カップ

②砂糖:大さじ1

③塩:小さじ1/4

④牛乳:150cc

⑤卵:1個

⑥バター(マーガリン可) :大さじ1
 

本場フランスのクレープの皮の作り方レシピは?

STEP1-1:生地の元を作る

ボールに材料(牛乳とバター以外)を

入れて混ぜて下さい。

 

この時、混ぜると重いな

と思うくらいまでしっかり混ぜましょう。

 

ダマが無くなるまでは同様です。

 

※やらなくても良いですが、

ここで一回ザルで漉すと

なめらかな生地になりますのでお好みで。

 

STEP1-2:生地の元を作る

先ほど入れた材料に

牛乳とバターはまだ入れていませんね。

 

なぜ分けたかと言うと、

一気に牛乳を入れず少しずつ入れて下さい。

 

その後生地を混ぜ、

次にバターも少しずつ入れて混ぜて下さい。

 

STEP2:生地を寝かせる

ラップをかけて寝かせます。

 

最低30分、理想は一晩です。

 

STEP3:生地の焼き入れ

ここからは一緒です。

 

クレープの皮は中火で1分焼きます。

 

フライパンを中火にし、

生地の元を回して広げましょう。

 

最後にひっくり返して終了です。

 

紹介した通り、

ポイントは生地作りです。

 

 

ここで手間をかけるかで驚く程美味しくなります。

 

時間に余裕のある時は

チャレンジしてみて下さいね。

 

クレープの皮をマスターしたら、

中に何を入れるか悩みますよね?

 

簡単にするならジャムを塗るくらいでも

美味しく食べれます。

 

ちょっと気合いを入れて作りたい時には

どんなクレーブが良いでしょうか?
 
クレープの種類の人気ランキング!意外な組み合わせも紹介!