保存方法

この記事は約 4 分で読めます。

 
レバーペーストと言えば、

健康に良い影響があるとのことで

毎朝パンの上に乗せて食べる方が

多くなりました。

最近では
その食べ方も
増えてきているので、
どんどん人気が
出てきているんです。
調理師
調理師

しかし、主食として

一気に食べる物ではないので、

「レバーペーストの賞味期限は何日?」

「残ったレバーペーストは冷蔵?冷凍?」

などの疑問が出てきます。

「レバーペースト」の賞味期限は?

賞味期限

「レバーペースト」はあくまでも

「生もの」なので

保存できる期間は短いんです。

基本的な
レバーペーストの
賞味期限は
「2~3日程度」
と考えて下さい。
調理師
調理師

しかし、これを聞いて

「1ヶ月後に食べた!」

と思った方も多いかもしれませんが、

次に紹介する保存方法で

その賞味期限は変わるんです。

「レバーペースト」の保存方法別で何日持つの?

①「手作りレバーペースト」

レバーペースト手作り

まずはご家庭で作る

レバーペーストの場合、

「よく滅菌された調理具を使用」

して調理してくださいね。

 

雑菌などが混じってしまうと

すぐに傷んでしまいますので注意です。

 

作って余ったレバーペーストは、

タッパなどに小分けして冷蔵保存します。

自家製での賞味期限は
常温なら
「数時間程度」
冷蔵なら
「2~3日程度」
となります。
調理師
調理師

 

②「市販レバーペースト」

レバーペースト市販

市販の物は真空で保存されている

商品がほとんどで、

自家製よりはかなり長持ちします。

 

基本的には

「商品購入後はすぐに冷蔵保存」

と記載されています。

市販の賞味期限は
未開封冷蔵なら
「1ヶ月程度」
開封後なら
「賞味期限より早めに」
となります。
調理師
調理師

もちろん商品によって違うので、

一般的な商品という意味です。

 

あくまで買った商品の記載に

従って下さいね。

 

③「冷凍したレバーペースト」

レバーペースト冷凍

冷凍すると基本的な

「肉・魚などと同じ賞味期限」となります。

冷凍での賞味期限は
「1ヶ月程度」
となります。
調理師
調理師

レバーぺーストも

「豚肉」であることに変わりないので、

冷凍での変化は同じなんです。

 

では、ここで

「そもそも冷凍するとどうなるの?」

と思った方も多いでしょう。

「レバーペースト」の冷凍保存はできる?

冷凍

実はレバーペーストは冷凍すると、

「味が格段に落ちる」

「栄養素が減る」

ので注意が必要です。

冷凍すると
「ビタミン類」
は大幅に減少、
「たんぱく質」
も多少減ってしまいます。
調理師
調理師

このレバーペーストが健康に良い理由として、

「ビタミンが豊富」

と言うのが大きいです。

なので、健康に良い食材が台無しになるので、

「冷凍は最終手段」として考えて下さいね。

 

どうでしたか?

レバーペーストは「生の肉」なので、

食中毒などを起こしやすい食品です。

 

基本的には余裕を持って、

早めに食べきることを心がけて下さいね。