この記事は約 2 分で読めます。

 
みなさんイカの料理といえば、

どういったものが思い浮かびますか。

 

生の場合、刺身、イカソーメン、

煮物であればイカ大根、

そして焼き物であればイカ焼きと

枚挙に暇がありません。

 

その中でも、生物と乾物との

中間的な位置づけにあるのが、

「イカの一夜干し」です。

 

しかし、その特有の柔らかさから

焼き加減が難しくうまく焼けない

ストレスを感じてしまう事があります。

 
そこで今回は

「イカの一夜干し」の個性を活かしつつ、

おいしく食べれる焼き方を紹介します。

「イカの一夜干し」とは

イカ
 
「イカの一夜干し」とは、文字どおり

「イカ」を「一夜干し」

したものになります。

 

一般的に焼いて食べるためイカ特有の

  • 生のヌルヌルした食感
  • 乾物の硬さ

が苦手な人にとっても納得の一品です。

 

その焼き方を紹介する前に、

「イカの一夜干し」の作り方を

確認していきましょう。

 

①「生のイカを捌く」
 

 
「イカの一夜干し」は、

生のイカを捌くところから始まります。

 

イカを開き、

イカの口、目、吸盤を取り、

また、内蔵を傷つけないように

取り除きます。

 

その後水洗いをし3%から10%前後の

塩水に5分程度漬けます。

 

②「天日干し」
 

 
塩水に漬けたイカを開いた

状態になるように開き

天日で4時間程度干します。

 

イカの大きさ等によっては、

一晩干しても「一夜干し」にならないものも

ありますので、

中まで完全に干上がらないくらいで、

表面が少ししっとり

している程度まで干したら完成です。

 

なお、干し過ぎると乾物のように

固くなってしまうので注意して下さいね。
 

「イカの一夜干し」の焼き方は?


 
「イカの一夜干し」の焼き方で

最も失敗しやすいのが、

水分が蒸発しないうちに

熱で丸まってしまうことですよね。

 

一体どのようにすればイカを焼くとき

「丸まらずにきれいに焼ける」

のか紹介します。

 

①「イカの足と胴体を分ける」
 

 
どうしてもうまくいかないのは

胴体部分の広い切り身です。

 

きちんと焼くためにも

イカの足と胴体は切り離し

イカの足(ゲソ)は

そのまま焼きて美味しくいただきましょう。

 

②「串、割りばし等使用する」
 

 
イカの胴体は

イカが開いた状態になるように

串を横に渡します。

 

割りばしを「たすき掛け」に刺すことで、

裏返しても丸まることなく

焼くことができます。

 

さらに失敗しない方法として、

「直火ではなくフライパンで

魚焼き用のアルミホイルを敷いて焼く」

方法ならお好みの焼き加減まで

じっくり見極めながら焼くことができます。

 

どうでしたか。

「イカの一夜干し」を作り方から、

そのまま焼くところまでを考えれば

「イカを干す」段階で

串や割りばしを焼くときの状態で

イカに通しておけば、一石二鳥ですね。

 

なお、焼き加減については、

「干し過ぎ」と同様に、

焼き過ぎると「一夜干し」である良さ

が損なわれるので焼き過ぎに注意して

おいしい料理を作りましょう。