鮭の白子

この記事は約 3 分で読めます。

 
「鮭の白子」はスーパーなどでも

鮭、イクラと比べて安価なので

気になっている方も

多いのではないでしょうか。

 

白子と言うと

「ふぐの白子」「タラの白子」

が有名ですよね?

 

しかし、「鮭の白子」を

他の白子と同じものと考え、

同じように調理するとどうしても

「臭みが気になる」「見た目が気になる」

と言う方が多いと思います。

 

そこで今回は

「鮭白子ってそもそも何?」

「鮭白子の食べ方は?」

など、気になる疑問を

解消していきたいと思います。

「鮭の白子」って何?

鮭

「鮭の白子」は秋の味覚として

市場に出回りますが、

見た目がグロテスクに見えるため、

敬遠されがちです。

 

しかし、安価というのはもちろん、

含まれる栄養には女性にとって嬉しい

「美肌効果」「老化防止効果」もあり

健康効果も抜群に高い食材です。

 

つまり、

調理次第では非常に優秀な食材と言えます。

 

「ふぐの白子」「タラの白子」は

お店で調理された料理ともなると、

とても高価で、普段あまり食べられないもの

という印象が強いでしょう。

 

こういった「白子」は料理として

食される魚の「精巣」を意味します。

 

つまり、「鮭の白子」は

「鮭の精巣」を意味します。

「鮭の白子」の下処理は?

下処理

まず、下処理をしっかりする理由は

「臭みを取り除くこと」となります。

 

下処理としては、

・鮭の白子を水洗いする

・塩でぬめりを取る

・湯引きする

(お湯にさっとつけて引き揚げたら

氷水に入れてしめます)

・白子の血はきれいに流す

・料理酒にしばらく漬ける

・最後に水洗い

と、特に難しい部分もなく

作業自体はすぐに終わります。

 

料理酒は肉のように長く漬ける必要はなく、

30min~60minを漬ければ十分でしょう。

「鮭の白子」の食べ方は?

食べ方

さて、下処理が終わったら、

いよいよ料理にしていきます。

 

今回は様々な食べ方を

紹介していきたいと思います。

①下処理のみでそのままポン酢

ポン酢

やはり定番中の定番は

「ふぐの白子」「タラの白子」と同じく

「ポン酢」で和えるのが

一番人気の食べ方です。

もみじおろし、ネギなどを

少し添えるとオシャレですよ。

個人的には醤油の方が好きなので、

一度試してみ下さい。

 

②臭み消しレシピ

臭み消し

下処理済みのため、臭みは少ないはずです。

それでも臭みが気になるという人もいるので、

「牛乳」にしばらく漬けておいたり、

「レモンのしぼり汁」をかけると

臭みをさらに軽減できます。

 

③天ぷら

天ぷら

白子の天ぷらも有名な料理。

老舗料亭などで食べると

とんでもない値段がします。

天ぷらにすると、

見た目、臭いも気にならず

「白子の天ぷらだよ」

なんてサラッと出せば

高級料理に思われるかもしれませんね。

 

④鍋

鍋料理

タラの白子の定番ですよね。

もちろん鮭の白子でも美味しいです。

鍋の種類はたくさんあり、

水炊き、キムチ鍋、もつ鍋

あなたの好きな鍋料理に入れるだけです。

 

⑤フォアグラ料理

フォアグラ代替品

実は知る人ぞ知る裏技。

何と「フォアグラ」の代替品

としても使えます。

これは雰囲気を出すのも重要なので、

盛り付けなどにもこだわると良いです。

 

⑥煮付け

煮付け

鍋に醤油、砂糖、みりん、酒を入れて

煮つけでもおいしいです。

煮付けは初心者からすると、

「料理してるな感」が大きいですが

実は簡単な料理なのでお得(笑)

配分は好みですが、一般的な

水:大さじ6
酒:大さじ6
醤油:大さじ2
みりん:大さじ2
砂糖:大さじ1

程度で良いでしょう。

 

⑦栄養効果UP食材と食べる

栄養効果UP

鮭には健康・美容に非常に

強い効果を持つ「アスタキサンチン」

脳神経を良くする「DHA」

体全体の血管を良くする「EPA」

などが豊富にあり、健康食の魚の中でも

トップクラスに優秀な食材です。

そこで「一緒に食べると栄養効果UP」

する食材と食べるのも良いでしょう。

◇胃腸の調子UP

大根、白菜

◇高血圧、動脈硬化予防、美容効果UP

アスパラガス、きくらげ、椎茸

◇貧血、冷え性の改善効果UP

ほうれん草、チンゲン菜、ごま

 

どうでしたか?

栄養豊富でおいしい、

見た目、臭みも調理次第と分かれば、

「鮭の卵」である「イクラ」のように

今後手に入りにくい食材と

なるかもしれませんね。

この記事の監修者

ゆい
ゆい
調理師の免許を持っている料理、食べることが大好きな私です。皆さんから「このレシピおいしかった!こんな食べ方あるんだ!」などの暖かいコメントに喜んでいます。