この記事は約 2 分で読めます。

 
主婦の皆さん、

毎日の献立に頭を悩ませていませんか?

 

特に新米主婦だと、

毎日毎日マンネリになったり

どうやって決めたらいいか迷いますよね。

 

栄養バランスも気になりますし、

できれば簡単に献立を決めたいですね。

 

そこで今回は毎日の献立の決め方で

悩まない方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


献立の「基本的」な決め方とは?

まずは基本的な

「一汁三菜から考える」

という方法です。

一汁三菜とは、

ご飯、汁物、メイン、副菜×2

というメニューです。

 

これは和食の基本ですね。

 

体に必要な

「エネルギーになるもの」

「体をつくるもの」

「体の調子を整えるもの」

の3つの栄養素でできています。

 

つまり、健康にとても良いです。

 

一汁三菜を考えるとき、

まずメインから決めましょう。

 

冷蔵庫に入ってる、

肉、魚、卵でメインを決めて、

次に副菜を決めます。

 

例えば、

豚の生姜焼きをメインにするなら、

副菜1はキャベツやブ

ロッコリーなどのサラダ。

 

副菜1が緑なので、副菜2は他の色で

カボチャの煮物、冷奴、海草など。

 

汁物はオニオンスープかな。

と自然と健康なメニューになるのが

この方法の特徴です。

スポンサーリンク


献立の「脳トレ」できる決め方とは?

次は頭も使って脳トレになる

「連想しながら買い物する」

という方法です。

賢い主婦は買い物する時、

献立を考えながら買い物します。

 

例をあげると、

カレーの材料を買いに行くとしますね。

 

玉ねぎ、人参、じゃがいも、豚肉。

 

全ての材料を使い切ることはないと思います。

そこで、余る材料で次の献立を考えるのです。

 

豚肉、じゃがいも、玉ねぎで、

肉じゃがにしよう。

 

そこで、付け合わせにキャベツを買い、

そこからまた連想ゲームのように

献立を考えながら、買い物するのです。

 

これは何回かの献立を一気に決めれるのと、

記憶しながら料理を想像するので

脳トレにもなり一石二鳥なんです。

献立の「簡単+種類豊富」な決め方とは?

最後はとにかく悩みたくない、

そして健康にも良い無限の献立、、、

 

そんな方には便利な

「献立アプリ」というものがあるんです。

では、そんな便利なアプリを

3つ紹介したいと思います。

 

①ミーニュー

最長1週間の献立作成が出来ます。

 

買い物リストも自動で作成してくれて、

家族の人数設定もでき、

カロリー表記もしてくれます。

 

まとめ買いした材料で

1週間分の献立をママ好みで考えてくれます。

 

②MENUS(メニューズ)

何と「400万種類以上」の中から

厳選したレシピを提供しています。

 

利用状況を学習して、

毎日季節の献立を提供しています。

 

嫌いな食材、アレルギーやカロリー、

調理時間を考慮してくれる便利なアプリです。

 

③キッコーマン公式アプリ「今日の献立」

料理名からキッコーマン公式アプリから

献立を作成してくれます。

 

管理栄養士が

栄養バランスまで考えてくれています。

 

お買い物が必要な食材を

リストにしてくれるお買い物メモが便利。

 

キッコーマンが伝授する、

豆知識も知ることができます。

 

どうでしたか?

毎日の献立の決め方のコツを掴めば、

毎日悩むことなく献立決めが楽になりますよ。

 

便利なアプリもありますので、

一度試してみてくださいね!