この記事は約 3 分で読めます。

 
疲れている時に美味しい飲み物を飲んで、

心身を落ち着けよう

と思う方は多いでしょう。

 

でも、

疲れを取るつもりで飲み物を飲んだのに、

かえって疲れが酷くなってしまった

ことはありませんか。

 

実は、疲れている時に

良い飲み物もあれば、

悪い飲み物もあるのです。

 

では、今回は疲れている時の

飲み物を見ていきましょう。

「疲れてる時」に良い飲み物まとめ!

まず疲れている時に良い飲み物には、

大きく分けて3つあります。

①クエン酸入りの飲み物

レモン・グレープフルーツ・酢・梅

などの飲み物です。

 

クエン酸は柑橘系の果物や

酢、梅干しなどに含まれていて、

酸っぱい味をしている酸味成分です。

 

血行を促進して新陳代謝を高めたり、

疲労物質の乳酸を体外に

排出しやすくしたり、

脂質・糖質を代謝して

体内に乳酸を作りにくくしたり

などの効果があります。

 

ただ、酸っぱい飲み物は

胃酸の分泌を促すので、

胃が疲れている時には止めておきましょう。

 

②豆乳

大豆食品は「良質のタンパク質」

とよく言いますが、

植物性タンパク質よりも

カロリー控えめでありながら

タンパク質を多く摂取できます。

 

しかも、アミノ酸の仲間である

「大豆ペプチド」には、

基礎代謝を高めたり

体と脳の回復をサポート

などの効果があります。

 

マグネシウムやカルシウムなどの

ミネラルも含まれており、

精神的なストレス・疲労まで

緩和してくれます。

 

ちなみに、豆乳が苦手なら

味噌汁・豆腐・納豆・おからなどの

大豆食品も良いですよ。

 

③トマトジュース

トマトそのものを食べるのもありです。

 

そんなトマトの成分の中でも

特に注目されているのが、

ポリフェノールの仲間の「リコピン」

ポリフェノールには抗酸化作用があって、

活性酸素の体外への排出を促すことで

若さや健康を保ちます。

 

ちなみに、先に登場したクエン酸は

トマトにも豊富に含まれています。

 

さらに、ビタミンも補給して

精神的な疲れを落ち着かせる効果もあります。

 

しかし、トマトを効率良く

摂取しようと思ったら

トマトジュースですが、

種類によっては塩分や糖分が

多く含まれているものもあります。

 

糖分がゼロとまで行かなくても、

量が控えめのものを選びましょう。

「疲れてる時」に悪い飲み物まとめ!

次に疲れている時に

悪い飲み物を2つ紹介します。

①アルコール

大学や会社では大事な大会、会議が

終わると飲み会でしょう。

 

なので、アルコールは何となく

疲れている時に飲んでしまいそうですが、

逆効果です。

 

内臓に負担がかかりますし、

質の良い睡眠を妨げてしまいます。

 

さらに、

ビタミンも大量に消費するので

疲れている時には最悪の飲み物です。

 

「二日酔い」になる人もいるので、

場合によっては翌日まで疲れを

溜め込む結果になることもあります。

 

大事な仕事が終わってひと段落しても、

疲れを取る目的で飲むなら

アルコールは避けておいた方が良いです。

 

②カフェイン入りの飲み物

コーヒー・緑茶・栄養ドリンクなどです。

 

カフェイン入りの飲み物は

眠気が吹っ飛んで、

仕事に打ち込めそうな感じがしてしまいます。

 

確かに朝のティータイムに

適度に飲む分には、

仕事のパフォーマンスが

アップできることも多いです。

 

しかし、

夕方以降カフェインを取ると、

脳が覚醒して睡眠に

悪影響を及ぼす可能性があります。

さらに、

カフェインは胃に負担もかかりやすいので

疲れている時にはお勧めですません。

 

どうでしたか?

飲み物は食べ物と同様、

体に大きな影響を与えます。

 

疲れている時は一度回復する週と考えて、

好きな飲み物でも我慢してみましょう。