この記事は約 2 分で読めます。

 
「ゴーヤ」は「ニガウリ」として

知っている方が多いでしょうが、

 

実は「ツルレイシ」が標準和名なのです。

 

沖縄県や南九州で収穫の多い

ウリ科の野菜で、

最近は「夏バテ予防」「ダイエット」などの

健康効果が注目されています。

 

ただ、「ゴーヤ」そのものを

家族が買ったり人から貰ったりして、

どうやって調理したら良いのか

困ったことのある方も多いでしょう。

 

そこで今回は

「ゴーヤ」のアク抜き方法、

保存の仕方などについてまとめました。

スポンサーリンク


「ゴーヤ」のアク抜きの前にすることとは?

「ゴーヤ」はアク抜きさえすれば、

あとは調理するだけだ

と思っていませんか。

 

実はアク抜きの前に、

「わたや種を取り除く」

必要があるんです。

 

やり方は簡単。

①包丁で「ゴーヤ」のへたを

取り除いて半分にカットします。

②真ん中のわたと種が

集中している部分に、

スプーンを入れてすくい取るだけです。

 

「ゴーヤ」のわたや種の取り除き方は、

基本的には冬瓜やカボチャなどと同じです。

ここで、

「わたって食べられるのでは?」

「わたも栄養があるのでは?」

と疑問を持った方も多いでしょう。

 

でも、わたには栄養はほとんどない

と言われているので、

わたや種を取り除いた後の

栄養の多い部分をたっぷり食べましょう。

 

ただし、

外側の緑色の皮(ボツボツがある部分)は

食べられる場所ですので、

間違えて剥かないように

気を付けてください。

スポンサーリンク


「ゴーヤ」のアク抜きの方法は?

「ゴーヤ」のアク抜きも

ひと手間かかりますが、

それほど難しくありません。

 

①わたや種を取り除いた

「ゴーヤを細長く薄切り」

しておきます。

②細かくなった「ゴーヤ」に

小さじ2杯の砂糖と小さじ1杯の塩を

まぶしながらよく揉んでおきます。

(塩だけでもOK)

③10分以上水に浸し、

調理する前に水気を切って

アク抜きは完了です。

 

もっと苦みを取り除きたいのであれば、

「10秒以上茹でる

⇒ザルに入れて冷たい水で流す

⇒数分放置する」

と、もうひと手間かければ

もっと苦みが減ります。

 

また、

「ゴーヤ」のアク抜きの方法には、

「下茹でする⇒塩揉みする」

「米のとぎ汁で茹でる」

などの方法もあります。

 

色々な方法を試して、

自分に合った方法を探してみましょう。

「ゴーヤ」の保存の仕方は?

「ゴーヤ」は採れたてで

カットしていない状態のものでも、

「常温で数日程度」しか持ちません。

 

そもそも、収穫したものを常温で、

長期間持たせようとすること自体無理です。

 

なので、収穫したものや購入したものは

すぐにでも調理した方が良いです。

 

とは言っても、

「すぐには使いきれない。」

と言う方も多いでしょう。

 

こんな場合には「ゴーヤ」を

アク抜きして茹でてから、

「保冷パックに入れて冷凍保存」

するのがベストです。

 

「ゴーヤ」はシワシワになる前に

下処理して冷凍保存すれば、

長くて1ヶ月くらい持ちます。

 

どうでしたか?

「ゴーヤ」を料理に使う人は

中々の料理上級者ですね。

 

この調子で色々な料理に挑戦しましょう。