この記事は約 2 分で読めます。

 
朝食、お弁当のおかずに欠かせない塩鮭は

冷凍加工技術の向上で一年中手に入ります。

 

値段も高くありませんから

冷凍庫に常備しておきたい食品の一つです。

とは言っても毎回塩焼きではもったいない。

 

そこで

おもてなしにもピッタリな

おしゃれな前菜にしてみませんか?

 

塩鮭のマリネ」と聞くと、

少し難しそうと思う方もいる

かもしれませんが実はすごく簡単!

 

火を使わないので

あと一品欲しいときにも手軽に作れます、

さっそくレシピや材料を見てみましょう。

スポンサーリンク


塩鮭のマリネの材料は?

塩鮭(冷凍甘口):1切れ

新玉ねぎ:1/4個

セロリの葉:適量

クレイジーソルト:適量

EXVオリーブオイル:大さじ1

レモン汁:小さじ2
 

スポンサーリンク


塩鮭のマリネの写真付きレシピ!

まず、新玉ねぎを繊維に沿って

縦に薄切りにします。

さっと水で洗ってざるにあげておきます。

 

新玉ねぎはサラダ玉ねぎとも言い、

生で食べられる辛味の少ない品種で

春が旬です。

 

新玉ねぎが手に入らないときは

普通の黄玉ねぎをできるだけ薄くスライスし、

氷水に晒して辛味を抜いて使います。

次に、セロリの葉を洗ってから

適当に切っておきます。

冷凍庫から塩鮭を出し、

カチカチのうちに皮を剥ぎます。

 

よく切れるペティナイフを使うと

綺麗に取れます。

中骨と腹骨も取り除きます。

鮭を食べやすい大きさに切ってから

薄切りにします。

 

カチカチだと刃が滑って危ないですし、

解凍してしまうと身が崩れてしまうので、

軽く解凍した状態で作業します。

 

鮭の脂で切れ味が鈍るので、

ときどきナイフをキッチンペーパーで拭います。

切った端から鮭を皿に並べます。

水気をよく切った新玉ねぎとセロリの葉をのせます。

クレイジーソルトを振り、

EXVオリーブオイル、レモン汁を回しかけます。

 

クレイジーソルトがなければ

好みのドライハーブと

にんにくのすりおろし、塩、胡椒、

EXVオリーブオイルとレモン汁を混ぜて

ドレッシングをつくり、振ります。
 

塩鮭のマリネが失敗しないコツとは?

コツは

①よく切れる包丁を使うこと

②鮭を微解凍で扱うこと

です。

 

オイルやスパイスを工夫すれば

和風にも中華風にも

エスニック風にもアレンジ自在です。

 

また、

健康志向の高まりで

真っ白に塩を噴いた辛口の塩鮭より、

薄塩、甘口の塩鮭が好まれています。

 

塩鮭の塩加減を見て

仕上げの塩の量は調整してください。

 

余談ですが、

淡水から海水、そしてまた淡水へと

生活環境を変えながら成長する鮭は、

平安時代から朝廷への

献上物にもされていたほど

日本人には馴染みの深い魚です。

 

生まれた川へ帰ってたった一回繁殖し、

一生を終える生き方も郷愁を誘います。

 

お歳暮には見栄えがよく

保存の効く塩引きや新巻き鮭が定番でしたが、

少人数世帯の増加で

丸一本の鮭を見ることも少なくなりました。

 

使いやすく健康にも良いので

積極的に使っていきたい魚ですね。