この記事は約 3 分で読めます。

 
保育園に通っているお子さんがいると、

毎日のお弁当作りが

大変だと思いませんか。

 

「朝は自分も仕事に

出掛ける準備をしなければいけないのに、

子供の準備もしなくちゃいけない。」

と言う方も多いでしょう。

 

少しでも自分の時間を増やすためには、

簡単なおかずを選んで

作るしかありません。

 

ひとまず休憩時間や休日を使って、

お弁当を可愛く見せる便利グッズも

揃えておくのも良いでしょう。

 

では、

保育園簡単お弁当おかずを

チェックしてみましょう。

スポンサーリンク


簡単健康!保育園の「お弁当おかず①」

◇卵焼き

保育園簡単お弁当おかずとして、

ママが絶対に入れたいなと思うものは

「卵焼き」でしょう。

 

「卵焼き」はママだけでなく、

子供も大抵は喜んでくれます。

 

ただ、

「卵焼き」は簡単に調理できても、

調理後にフライパンを片付けるのが

面倒だと思いませんか。

 

そこで電子レンジとタッパーで簡単に作れる

「卵焼き」の作り方を紹介しましょう。

①卵1個とお好みの材料

(マヨネーズ小さじ1杯

桜えび小さじ1杯・青のり適量)

などを、タッパーの中で混ぜます。

②ラップをかけて電子レンジで1分チンします。

 

③「卵焼き」をお子さんの

食べやすいサイズにカットする。

 

「卵焼き」は日替わりで、

ツナ・おかか・残り野菜など

具材を変えてみるのもおすすめです。

スポンサーリンク


簡単健康!保育園の「お弁当おかず②」

◇かぼちゃとベーコンのソテー

適度に栄養を取れる

保育園簡単お弁当おかずとして、

「かぼちゃとベーコンのソテー」

もおすすめです。

 

「かぼちゃとベーコンのソテー」の作り方は、

フライパンで炒めるのがメインで簡単です。

①小さく薄めにカットした

かぼちゃ・ベーコンを用意する。

 

②かぼちゃを耐熱容器に入れてラップをし、

1分半くらい電子レンジでチンする。

 

③フライパンでオリーブオイルを熱して、

ベーコンをカリッとなるまで炒める。

 

④かぼちゃを入れて色が付くまで炒め、

塩コショウで味付けして出来上がりです。

 

こしょうは粗びき塩コショウを使うと、

より美味しく仕上がります。

 

ただ、

炒めるのは簡単でも、

カットするまでが大変でしょう。

 

朝忙しい方は前日の夜に

かぼちゃのワタや種、皮を除去して、

5㎜くらいの薄さにカットして

冷蔵庫に入れておくと、

あとは出して使うだけで楽です。

簡単健康!保育園の「お弁当おかず③」

◇はんぺんバーグ

最後に食べやすくて簡単な

おかずにおすすめなのは、

「はんぺんバーグ」です。

 

作り方は次のように作ります。

①はんぺん20g・鶏ひき肉20g

醤油適量をビニール袋に入れて

混ぜながらこねる。

 

②お子さんの食べやすい大きさで、

平べったくなるように形を作る。

 

③後はフライパンで片面ずつ焼くだけです。

 

どうせフライパンを使うなら、

「卵焼き」「かぼちゃとベーコンのソテー」

と一緒に作ってしまうとか、

同じフライパンをそのまま

使いまわしするなんて言うのもありです。

 

どうでしたか?

子どもへの簡単なおかずは何でしょうか?

とアンケートがありました。

 

「ハンバーグ」「唐揚げ」

「肉巻きポテト」「ミートボール」

「スパゲッティ」「コロッケ」

「グラタン」「ピザ」

などが出たようです。

 

簡単?と思われるもしれませんが、

その答えは冷凍食品。

 

今は冷凍食品もお弁当用に小分けにされており、

これが一番楽と答えてくれました。

 

忙しいお母さんはある程度仕方ないと思うので、

気合を入れすぎずできる範囲で頑張りましょうね。