この記事は約 3 分で読めます。

 
牡蠣(かき)は生で食べてもいいですし、

カキフライや牡蠣の酒蒸しなど

様々な料理方法がありますが

今回は「酒蒸し」を取り上げます。
 

ここで生の牡蠣を調理しようとすると、

やはり少し食中毒が怖いですよね?
 

そこで今回は

冷凍牡蠣の「酒蒸し」

について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


「牡蠣」の栄養、旬は?


 
牡蠣の酒蒸しは非常に

健康に良いと言えます。
 

牡蠣は海のミルクとも呼ばれており、

グリコーゲンや必須アミノ酸、

ビタミンB1・B2・B3、

ミネラルなどの栄養素が豊富な食材です。
 

食品の中でも随一を誇る亜鉛の含有量があり

抜け毛予防には必須の栄養です。
 

それだけなく

  • 健康増進
  • 免疫力の向上
  • 疲労回復
  • 美肌
  • 生活習慣病の予防

など、効能も多い優秀な海の幸と言えます。
 

真牡蠣の旬は11月から3月ごろ、

岩牡蠣の旬は7月から8月ごろで、

毎年牡蠣の季節には積極的に食べたいですね。
 

スポンサーリンク


「冷凍牡蠣」の注意点とは?


 
実は家庭用の冷蔵庫で牡蠣を冷凍すると

細胞組織を壊してしまい、

歯ごたえやうまみが抜けてしまいます。
 

ですが、

現代の技術で急速冷凍した牡蠣は

細胞を破壊せずに凍らせているので、

「品質を落とさない冷凍牡蠣」

を作ることができるので安心です。
 

大切な解凍方法を紹介します。
 

むき身の冷凍牡蠣は、

ぬるま湯か流水で解凍します。
 

ぬるま湯なら15秒から20秒程度、

流水なら45秒から1分くらいで解凍します。
 

牡蠣の表面が溶けてきたら、ざるに揚げ

キッチンペーパーで水分をとります。
 

完全に解凍しないのがコツです。
 

殻付きの冷凍牡蠣は、

電子レンジで解凍して下さい。
 

牡蠣3個に対して500Wで3分ほどが目安です。
 

「牡蠣の酒蒸し」のレシピは?


 
牡蠣の酒蒸しは非常に簡単に作れます。
 

解凍した牡蠣を軽く水切りします。
 

フライパンに牡蠣を並べて、

お好みで食材を一緒に入れて見て下さい。

  • ネギ
  • エリンギ
  • にんにく

などお酒のつまみになるものを

一緒にいれるのがおすすめです。
 

酒100mlと白だし200ml、水100ml

を割って投入し

蓋をして沸騰して加熱すると、完成です。

 
殻付きの牡蠣の場合は

蓋が開くのを自身で確認するまで

過熱を忘れないようにしましょう。
 

牡蠣を酒蒸しにした出汁を使った

炊き込みご飯やパスタ魚介スープ、

ラーメンスープの隠し味など

一石二鳥で活用できる調理になります。
 

 
最後に牡蠣の雑学を少しだ

お話ししたいと思います。
 

日本で牡蠣の生産量が多いのは広島県

生産量2位の宮城県の5倍以上の生産量を誇る、

日本一の牡蠣の生産地です。
 

英語では「牡蠣はRのつく月に食べる」

ということわざがあります。
 

Rのつく月とは、

September(9月)からApril(4月)

のことで、丁度真牡蠣の旬の季節です。
 

5月から8月ごろは真牡蠣の産卵期であり、

産卵を終えた真牡蠣の味が落ちる季節

が理由になります。
 

ヨーロッパでは一般的に魚介の生食を

避ける傾向にあります。
 

牡蠣は例外的に古代ローマ時代から珍重され

養殖もおこなわれていました。
 

フレンチではオードブルとして

生牡蠣が使われることも多く、

ナポレオンやバルザック、ビスマルクなども

牡蠣の愛好家だったことが有名です。
 

そして驚くことに日本でも縄文時代から

食用として牡蠣が食べられていた

と言われています。
 

どうでしたか?
 

実は昔から愛されている健康食品。
 

牡蠣の酒蒸しは簡単人気料理なので、

積極的に食べていきたいですね。