この記事は約 2 分で読めます。

 
最近ちょっと気になる事として、

外食などした時に

「ハンバーグ」を注文すると

どの店でも同じような副菜が付いてきます。

 

人参のバター炒め、茹ブロッコリー、

コーンの炒め物など、

中には櫛切りしたポテトフライの

付け合わせも出てきます。

 

ファミリーレストランであれば、

サラダも付け合わせて来ることもあります。

 

しかし、自宅でハンバーグを食べる時には、

どのような副菜が

一番シックリ来るかと考えたりします。

 

サラダは一番定番なので

それ以外で考えた時、

皆さんはどのような副菜を考えられますか?

そこで今回はハンバーグに合う

副菜をまとめました。

スポンサーリンク


ハンバーグに合うサラダ以外の「副菜」まとめ!

①スープ

汁物も含めて副菜として上げた場合には、

必ずスープ類が出てきますね。

 

コーンポタージュ、コンソメスープも

副菜としては抜群に合うと思います。

 

その中でもトマトスープの

ニンニクをたっぷり効かせたスープは、

ハンバーグのパンチを増幅する

可能性が大きいですね。

 

②フライ

一般的なメニューとして

添えられる副菜としては、

「カキフライ」も店で出ることが多いです。

ハンバーグのむっちりした食感に、

パリサク感の高いフライ系を

持ってくることは

非常に理に適っていると思います。

 

個人的には、

カキフライには「タルタルソース」を

かけて食べるのが大好きで、

いろどりも良くなって良いですね。

 

③ソテー

主にチキンソテー等があげられます。

 

チキンのモモ肉を

そのまま丸焼きしたものが

副菜として良く出されます。

 

調理も簡単ですので、

家庭でも重宝がられる副菜メニューです。

 

④ボイル

これは冒頭に書きましたが、

人参、芋、ブロッコリーなどの

茹で上げたものを

副菜とする場合が多いです。

 

個人的には、

ホタテを蒸したものが

付いていると幸せを感じます。

 

ボイル類が好まれる理由としては、

やはりハンバーグにパンチ力がある為、

あっさりとした食材本来の持つ

淡い食味が良いとされているからです。
 

スポンサーリンク


ハンバーグに合うサラダ以外の「意外な副菜」とは?

⑤和食系

ハンバーグですから、

副菜も「洋もの」でなければならない

と思われがちですが、

 

決してそんなことはありません。

 

和食系の副菜でも、非常に喜ばれます。

 

例えば、

金平ごぼう、ひじきの煮物、煮豆

カボチャの甘辛煮、コンニャクのピリ辛炒め

もやしのバター炒めなどです。

 

どうでしたか?

ハンバーグの副菜として

サラダ以外のものを紹介しました。

 

色々な人気副菜がありましが、

読者の皆さんが選ばれる副菜は

どのようなモノでしょう。

 

新しい副菜で違った

ハンバーグ定食を楽しんで下さいね。