この記事は約 2 分で読めます。

 
和食には実に様々なマナーがあります。

 

お箸の持ち方や使い方、

手の添え方、椀の開け方など

細かい事を言えばきりがありません。

 

この中で

お箸の持ち方はほとんどの人が

知っていることですね。

 

しかし、

その中で意外と知られていないのが

「ご飯、味噌汁の置き方」なんです。

今回は正しい「ご飯、味噌汁」の

置き方に合わせて、

なぜその置き方になったのか?

まで見ていきましょう。

スポンサーリンク


「ご飯、味噌汁」の正しい置き方は?

配膳の位置は基本的に全国共通なので

○○地方出身だから違う

のようなことはありません。

 

そんな正しい

ご飯、味噌汁の置き方は、

「ご飯は左、味噌汁は右」です。

では、

「左利きだと変わりますか?」

と思う方もいますよね。

 

しかし、

これも「ご飯は左、味噌汁は右」です。

 

後ほど説明しますが、

これにはちゃんと理由があります。

 

最近、ネットで夕飯を

写真にあげた方がいたそうです。

 

それを逆に置いたものを載せてしまい、

「こんなことも知らないの」と、

ここぞとばかりの罵詈雑言。

 

たまらず載せた方が

「左利きなので」

と直ぐに投稿、

さらに叩かれるという事があったそうです。

 

その方はすぐにブログを停止しました。

 

その方がどういう方かは分かりませんが、

やはり日本ではこういったマナーは

非常に大切とされているんですね。

 

とは言え、

理由も知らずに

ただマナーなだからと

罵詈雑言するのもどうかと思います。

 

では、どんな右も左も関係ない

置き方になった

理由を見てみましょう。

スポンサーリンク


「ご飯、味噌汁」の置き方の由来は?

「ご飯、味噌汁」の置き方は

何と平安時代から

続いていると言われています。

 

当時の考えでは、

お味噌汁がご飯の奥にあると

お味噌汁を持ち上げて運ぶときに、

「ご飯の上をまたいでしまう」

ということが無作法だった

と考えられていたのです。

これは日本古来の伝統で、

左側に重要なものを置く

左上位の考えからきています。

 

なので、

主食のご飯が上位という考えで

ご飯が左にきているんですね。

 

違う考えでは、

お椀の高さは茶碗より低いので

おかずを取りやすいように

お椀を右手前に置いている

というお話もあります。

 

先程と違い、

食べやすさを考えての

お話しになります。

 

これだけなら左利きの人は逆で良いですね。

 

実際、

中にはわざと逆に置く人も居るようです。

 

理由を聞きますと、

「置き方の基本は知っているけど

こちらの方が食べやすい」

との回答でした。

 

賛否両論あると思いますが、

私は和食の伝統を守ることも

大事だと思いました。

 

そういった文化があるからこそ

海外の人にも興味を持ってもらえ、

結果的に日本の景気などにも

大きく影響するのではないでしょうか。