この記事は約 3 分で読めます。

 
日本食の定番と言えばやはり「卵焼き」

「玉子焼き」とも書きますね。

「卵焼き」は家庭でも簡単に作れ、

健康にも良い料理として人気です。
 

しかし、思っている以上に

調理方法やレシピによって

差が出る料理でもあります。
 

日本料理や居酒屋さんで出る

「卵焼き」にはどこにも

お店固有の美味しさがありますよね。
 

そこで気になるのが

「結局、卵焼きのレシピ人気ランキング一位ってどれ?」

という疑問です。
 

「1位」と言っても今回は

「味(料亭風)」

「主婦(簡単便利)」

それぞれのランキング一位をまとめました。

スポンサーリンク


「卵焼き」の人気一位「レシピ」とは?(料亭風)


 
では、さっそく本格的な

「卵焼きレシピ一位」を見ていきましょう。
材料は

  • 卵3個
  • 砂糖大さじ1杯
  • 薄口しょうゆ小さじ1杯
  • 水50ml

が一番の適量です。

水以外の材料をボウルで

泡立てないように軽く混ぜます。
 

混ぜるというよりは

箸で白みをきる感覚で、

泡立てすぎると破れやすく

見た目を奇麗に

仕上げることが難しくなります。
 

次に水を入れて再度混ぜ合わせます。
 

あとは焼くだけですが、

できれば卵焼き用のフライパンを

購入しておくのがおススメです。
 

小さめのフライパンで

作る事もできますが、

少々難しいかもしれません。
 

水と出し汁、どちらを使用するかで

迷われる方も居るようですが

水を使用する方が

美味しく出来上がります。
 

卵の柔らかい風味を感じるには

出し汁ですと強すぎるのです。
 

慣れれば5分とかからず

作る事ができるので助かりますよね。
 

スポンサーリンク


「卵焼き」の人気一位「レシピ」とは?(簡単便利)


 
色々なレシピが存在する「卵焼き」ですが、

そのレシピで最も人気のある

レシピには、どのようなものなのか

をご紹介します。
 

まず、現代の独身者やお子様を

多く持たれている方の為のレシピ

と言って良いかもしれませんが、

冷凍保存を前提とした「卵焼き」

レシピになります。

 
以下にレシピを記載します。
 

◇材料一覧

  • ①玉子:4個
  • ②砂糖:大さじ1杯
  • ③塩:少々
  • ④マヨネーズ:小さじ1杯
  • ⑤片栗粉:小さじ2杯
  • ⑥水  :小さじ2杯

上の簡単な材料を揃えて

よく撹拌します。
 

撹拌方法として、

最初に卵以外の材料(②~⑥)を

ボウル等の容器にとりわけ

一緒に混ぜ合わせます。
 

よく混ざったと思ったところに

卵を入れてさらに混ぜ合わせます。

 
この時、出来るだけ泡の立たないように

優しく混ぜ合わせるのがコツになります。
 

その後、普通に「卵焼き」の

手順通りに焼いて行きます。
 

焼きあがったら少しの

時間焼きあがった「卵焼き」

を冷やして粗熱を取ります。
 

その後、食べやすい

大きさに切り分けます。
 

冷凍保存を前提としたものですので、

切り分けられた「卵焼き」を

ラップに1個ずつ包んで冷凍保存します。

 
これですと、いつでも時間のある時に

作り置きをしておけて、

必要な時に冷凍された「卵焼き」を

必要な個数だけ出して

解凍すれば事足りるようになります。
 

朝の時間の無い時の弁当作りには

最適な「卵焼き」だと言えます。
 

ただし、砂糖を入れるのは関東風で、

砂糖の代わりに醤油を入れるのが

関西風となっていますので

ご家庭やご自身の好みに

合わせて調合して頂ければと存じます。
 

「卵焼き」の人気アレンジとは?


 
玉子焼きだけで食べる方も

多くいますが、中に色々入れられるのも

人気の一つです。
 

このひと工夫が毎日のおかずになっても

気にならない点の一つと言えます。
 

まず、「白だしなどの調味料を

使った甘い「卵焼き」」も人気があります。
 

レシピ的には「白だし」を少々加えて、

その他の調味料を控えめにすることで

出汁の旨みが出て来るというものです。
 

◇ほうれん草
 

 
ほうれん草をゆで水けを絞り

卵焼きをの真ん中に置き巻くだけです。
 

栄養たっぷりなほうれん草は

色取りも良くお弁当にピッタリ、

家で食べる時は

醤油をちょっと足すのもお勧めです。
 

◇万能ねぎ
 

 
みじん切りにした万能ねぎを

卵を混ぜるときに入れるだけで、

あとは一緒の調理方法です。
 

ねぎの食感も味わえ、

ねぎ好きにはたまらない卵焼きとなります。
 

◇かにかま
 

 
卵焼きを巻くときに、

かにかまを中央に巻くだけです。
 

色取りが可愛くなるので、

お弁当の彩に最適な組み合わせと思います。

枝豆
 

 
昨晩余った枝豆を入れて焼くだけです。
 

食べた後の枝豆の食感もよく、

後を引く美味しさとなっています。
 

卵料理の定番で、

簡単に工夫ができるのが卵焼きです。
 

目玉焼きをお弁当に入れるのは

少々工夫が必要になりますが、

卵焼きなら形も整っており

簡単に入れることができますよね。
 

毎日のお弁当作りは本当に大変な作業です。
 

基本的な作り方を知っておけば

工夫は簡単に出来るのが卵焼きです。
 

子供との会話の中で、

今日の卵焼きどうだったと聞くだけで

コミュニケーションにもなりますよね。