この記事は約 3 分で読めます。

 
以前は「レバー」を生で食べる、

いわゆる「レバ刺」が

焼き肉店等で提供され、

多くの人々に好んで食されていましたよね。

 

しかし、

最近は「レバ刺」を食べたことにより、

腸管出血性大腸菌に感染した人の

相次ぐ死亡例を受け、

加熱食が常識となっています。

 

そこで、人気となっているのが

生のような滑らかさを持った

「レバーペースト」

 

今回はそんな「レバーペースト」

の作り方、食べ方などをまとめました。

スポンサーリンク


「レバーペースト」って何?

レバーと言えば、

ご存知のとおり「肝臓」のことです。

したがって、

レバーペーストとは

文字どおり「肝臓のペースト」

感覚的には

「ノリのように、なめらかな状態」

にした加工食品ですね。

 

レバーはその特有の触感や風味から

好みが分かれる食材ですが、

レバーペーストは比較的その癖も

無くなっている健康食材です。

スポンサーリンク


「レバーペースト」の臭みのない作り方とは?

「レバーペースト」の材料として

最も多く使われているのは

「鶏レバー」です。

まず、一般的なレバー料理と

同様に丁寧に血抜きをします。

 

血抜きをしないと

特有の臭みが残ってしまいます。

 

血抜きの後、

牛乳に漬け込むと臭みをさらに減らせます。

その後、

塩やバターを使って火を通します。

 

この時、

ワイン等の酒類を使えば、

より臭みが抜くことができます。

 

それでも気になる場合には、

さらに玉ねぎも一緒に

入れると良いでしょう。

 

ここまでやると最終的には

臭みをほぼ消せます。

 

そして、

塩等で調理したレバーをミキサーにかけ、

型に入れて冷やし固めれば完成

ということになります。

 

では、

そんな「レバーペースト」は

どういった料理や食べられ方

があるか見てみましょう。

「レバーペースト」食べ方は?

①レバーペースト単品

まずはそのまま食べる

「レバ刺」のような感覚です。

 

ただ「レバーペースト」だけを

単品でそのまま食べる人は

少ないかもしれませんね。

 

それでは、

他の「レバーペースト」の食べ方も

紹介したていきたいと思います。

 

②カナッペ

「レバーペースト」の

最も人気の食べ方としては

「フランスパンに塗る」

という食べ方です。

 

この食べ方をカナッペと言います。

 

一度だけビュッフェに

並べられているのを見たことがあります。

 

ビュッフェにレバーは

かなりチャレンジしてるなぁ。。。

と思いましたが、

オシャレに見えましたし

とても美味しかったです。

 

③バインミー

「レバーペースト」と言えば、

やはり「パン」が定番です。

 

その食べ方の応用として、

ベトナム料理「バインミー」

という料理があります。

 

「レバーペースト」の

サラダをパンにはさんで

サンドイッチにするのが人気です。

 

他にも様々なアレンジが楽しめそうですね。

 

④クラッカー

お酒のおつまみとして人気の食べ方です。

 

手軽にクラッカーに塗っただけですが、

というのもおススメです。

 

クラッカー+○○は

簡単オシャレ料理の代表ですよね。

 

⑤サラダ

ベトナム料理「バインミー」

で使われるように

意外とサラダとの相性が良いです。

 

ただ、どうしても色味が暗くなるので

トマトなどの明るい色を

入れると良いでしょう。

 

⑥パスタ

実はお店によっては

レバーペーストパスタがあるくらいです。

 

パスタと和えるだけですが、

こちらもサラダ同様、

色が暗くなりがちです。

 

パセリやブロッコリーなど

緑を入れるのがお勧めです。

 

⑦レバニラ

レバニラ炒めのレバーの

替わりに使うこともできます。

 

レバーが苦手な人であっても

「レバーペースト」であれば臭みもなく、

おいしく食べられる人もいます。

 

「レバーペースト」は

「鶏のレバー」がメジャーですが、

「豚」や「牛」の

「レバーペースト」もありますので、

好みに合うものを探してみるのも

良いかもしれません。

 

「レバーペースト」も作り方で

ものすごく味に差が出るものです。

 

「レバーペースト」に

チャレンジしたことない。

といった方は予約待ちになる

本格的なものを

食べてみてはどうでしょうか?

【 完全予約販売 】日本テレビ[満天☆青空レストラン]で紹介された『自家製レバーのパテ』★楽天ランキング総合1位獲得![ 鶏レバーパテ 鶏レバーペースト ]【 予約待ち 】
 
どうでしたか?

レバーの栄養価が高いことは

間違いありませんので、

食欲がないときの栄養補給にも良いです。

 

味も栄養も様々な可能性を秘めた

「レバーペースト」

ぜひ一度試してみてくださいね。