この記事は約 2 分で読めます。

 
ワインを料理に合わせて楽しむと聞くと、

フランス料理のコースが思い浮かんだり

ちょっと日常とは離れた食事を楽しむ時

ってイメージがありませんか?

 

でも最近では、

色んな食事とワインを

楽しむことが話題になっています。

 

そこで今回は意外な組み合わせ

「カレー+ワイン」の相性

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


「カレー+ワイン」の相性とは?

カレーなどのスパイシーな料理に

基本的には

ワインを合わせるのは難しい

と言われています。

 

それはカレー独特のスパイスや辛味が

ワインの味を乱してしまうから。

 

しかし、

ワイン選びを間違えなければ

カレーとワインを

一緒に楽しむことは出来るんです。

 

実際東京都内でも

「カレーとワイン」なんて

ペアリングを勧めているお店も増えています。

では、そんな種類別ワインで

どんなカレーが合うのか見ていきましょう。

「赤ワイン」に合うカレーとは?

濃厚なフルボディの赤ワインには

「ビーフカレー」に合わせましょう。

 

ここは王道のカレーと

合いやすいということですね。

 

牛肉の持つ脂の甘みや野菜の香りが

果実味が強いワインにマッチします。

 

また、カレーを作る時に

隠し味で使われることも多い

赤ワインをそのまま使うと良いですね。

スポンサーリンク


「白ワイン」に合うカレーとは?

白ワインには

「キーマカレー」がオススメです。

 

つまり、汁気が少ない

カレーと合いやすいです。

 

ご飯の甘みを感じやすく

材料の豚肉や野菜が持っている甘みと

スパイスの香りが特徴の

キーマカレーとのバランスは、

さっぱりとした白ワインが好相性です。

 

中でも少し甘口なほうが、

豚肉との相性もいいと思います。

 

逆に辛口の白ワインを合わせてしまうと、

カレーのスパイス独特の香りや美味しさを

邪魔してしまう恐れがあります。

 

ですが、

リースリングなどの爽やかで

キリッとした口当たりのワインなどは

相性が良いです。

「ロゼワイン」に合うカレーとは?

ロゼワインには

「グリーンカレー」が合います。

 

つまり、エスニック料理で

提供されるカレーと好相性です。

気候の暖かい地域のカレーは

ココナッツの香りと

唐辛子の刺激的な辛さ、

そして酸味のバランスが特徴です。

 

そんなカレーには

やや甘口でさっぱりしており、

赤ワインよりもコクが強くない

ロゼワインが合わせやすいでしょう。

 

やや甘口のワインを合わせるのは、

唐辛子の辛味を軽減してくれる

効果もあるのでオススメです。

今まではカレーにワインを

合わせるのは難しいとされてきました。

 

しかし、現在では世界中で

色々な種類のワインが作られており、

 

その中にはスパイシーな料理との

相性が非常に良いものも出てきました。

値段も昔ほど高くなく

リーズナブルなワインは

たくさんありますので、

興味のある方は

自分のオリジナルカレー+ワインの

最強の相性を探してみてはいかがでしょうか?