この記事は約 3 分で読めます。

 
今は健康的な生活を送るために

食事を意識する人は

たくさん増えています。

 

そこで今回は「肝臓にいい」

食べ物のレシピを紹介します。

 

「肝臓にいい」とはいっても

そこまで難しく考えることはありません。

 

しかし、やはり避けた方が良い

食べ物はいくつかあります。

 

では、早速避けた方が

いい食べ物を紹介していきます。

スポンサーリンク


「肝臓にいい」とは言えない食べ物5選!

1日に少しの量だけ

摂取するなら問題がないのですが、

気が付かないうちに大量に

食べてしまっていることもあります。

 

特に肝臓には悪い

5つの食べ物を紹介します。

 

①甘いデザート

ケーキ、プリン、アイスクリームなどの

甘いデザートは糖質が多く含まれていて

肝臓に大きく負担がかかります。

 

さらに、睡眠時には消化機能の

働きも弱まってしまいます。

 

もし夜の寝る前などに砂糖やクリームが

大量に使われたお菓子を食べているなら

すぐに止めたほうがいいです。

 

②牛肉・豚肉

豚肉や牛肉の脂身なども動物性脂が濃く、

肝臓に負担がかかります。

 

コンビニ弁当などをよく食べる人は

どうしても塩分と肉の脂身を

多く摂取しがちになります。

 

低カロリーな肉としては

鶏のささみなどがあげられます。

 

脂肪も少ないので

夜の食事はささみがおすすめです。

 

③動物性の脂が多く含まれる調味料

バター、マヨネーズ、クリームなどは

動物性の脂が多く含まれています。

 

多くとると肝臓に溜まっていきます。

 

こういった調味料のつけすぎは

体に良くないのでほどほどにしましょう。

 

④サラダ油

サラダ油を調理用に

使っている人も多いと思います。

 

しかし、

サラダ油にはトランス脂肪酸といって、

肝臓に負担のかかる脂肪が

大量に含まれています。

 

肝臓に優しい油を使うのなら、

値段が少し高いですが

「ごま油」「オリーブオイル」など

完全に植物性のものを選びましょう。

 

⑤ファーストフード

ファーストフードは

(フライドチキンやハンバーガー)

塩分も多く、よくないでしょう。

 

我慢しすぎるのも毒なので、

たまに取り入れるくらいにしましょう。

スポンサーリンク


「肝臓にいい」食べ物レシピとは?

ここでは、

特殊で詳しいレシピを知るというより、

比較的毎食とるレシピの改善

といった形ですのでご了承下さい。

 

どういった食材を使うかが

非常に重要ですので、

「肝臓にいい食べ物」を知って下さいね。

 

 

まず、できるだけ、

野菜や海藻類をとることが重要です。

 

①サラダ

キャベツやコーン、わかめなどを

組み合わせたサラダがお勧めです。

 

②味噌汁

わかめを入れて、

だいこん、にんじんや

油あげを組み合わせた味噌汁。

 

③ごはん

ごはんは白米でなく、玄米か雑穀の

混じっているものにしましょう。

 

玄米か雑穀は、

ご飯に入れて炊くタイプの物が

スーパーで売っているので手軽です。

 

④オムレツ

卵と一緒にピーマンやネギ、

ニンジンなどを混ぜましょう。

 

⑤青汁

日本人は1日にとる量の

野菜が足りない傾向にあるので、

朝ごはんは飲み物を

青汁などにするのは非常に効果的です。

 

以上ですが、

「肝臓に悪い」

塩分や動物性の脂を減らし、

「肝臓にいい」

野菜類をとるのが

レシピのコツでした。

 

肝臓が弱ると体の元気がなくなります。

 

毎日楽しくお酒を飲んだり元気に過ごす為に、

まず1週間で良いのでこういった

食べ物を試してみてはどうでしょうか?