この記事は約 2 分で読めます。

 
ほとんどの方が食べたことのある揚げ物。

 

どうやったらカラッと揚げて

サクサクになるのか

ご家庭では工夫しますよね。

 

フライは衣と中身の状態で

美味しさが決まります。

そんな揚げ物の強い味方が

「バッター粉」と言われる粉なんです。

 

では、今回はそんな

「バッター粉」とは何なのか

紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


「揚げ物」の種類は?

揚げ物には以下の4種類があるます。

①フライ:小麦粉をつけ溶き卵に浸し、

パン粉をつけて揚げたもの。

 

②天ぷら:粉類を水や卵で溶き、

それにくぐらし揚げたもの。

 

③唐揚げ:具財に味付けを行い、

小麦粉や片栗粉などの

粉をつけて揚げたもの。

 

④素揚げ:衣を使わずに

そのまま油で揚げたもの。

大体この4種類に分類されます。

 

バッター粉とは

このフライ、天ぷら、唐揚げ

それぞれ使用できるものです。

 

では、その正体を見ていきましょう。

「バッター粉」とは?

バッター粉とは

市販されている粉で、

分量どおりに水等で溶かすと

「バッター液」になります。

 

揚げる時は「小麦粉→卵→パン粉」

のような調理方法をすると思いますが、

このバッター液が代わりになる粉なんです。

 

沢山の種類の粉、香辛料やぶどう糖など

ご家庭で簡単には

マネできない原料が入っています。

 

ただ、簡易版だと

ご家庭でバッター液を作るには

卵、小麦粉、水を溶かして作ることもできます。

スポンサーリンク


「バッター粉」の3つのメリットとは?

「バッター粉」には3つののメリットがあります。

①簡単な調理

バッター粉は揚げ物料理をするのが

すごく楽になりました。

 

フライに関してはバッター液につけ、

パン粉を付けたら揚げるだけです。

 

揚げ物には卵の工程があったので、

キッチンが汚れるなど

嫌がられることが多かったフライです、

このバッター粉を使うことで

手軽になりました。

 

②美味しく作れる

簡単に作れるのに、

味も美味しいと評判の粉です。

 

さらに、見た目も食感も変わる

と言う優れものなんです。

 

③油が長持ちする

見た目は揚げた後の油にもでます。

バッター粉を使った時と

使わなかった時では

揚げた後の油の色が全く違います。

 

油を使える回数が増えます。

「バッター粉」の値段相場は?

「バッター粉」はここまで優れているので

「値段は高いんじゃないの?」

と思う人が多いようです。

 

実はそこまで高いものではありません。

 

もちろんバッター粉にも

品質やブランドがありますので、

費用は差があります。

 

だいたいの

「バッター粉」の値段相場は

1kg「500~1000円」

といったところでしょう。
 

 
結着バッター玉子入 1kg【日本食研】【業務用】【2,500円以上送料無料】
 
毎日の食事の準備は大変ですよね。

まずおかずを決めるのが大変です。

 

豚カツにしたいけど

手間がかかって面倒だし、

選ぶ対象から外れることも

少なく無いと思います。

 

そんな主婦に大きな力と

なったことは間違いないです。

 

ですが、使用する際はアレルギー等も

確かめて安全に使用してくださいね。